訪問者200人からの成功ノウハウ

ここでは、訪問者200人からの成功ノウハウ に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■一気に有名サイトへ!?
一日約200前後の訪問者を一気に獲得でき、検索エンジンからの優遇・知名度の上昇・サイト権威すべて獲得できるという優れた方法があります。それは、Yahooカテゴリに申請し、登録されることです。

登録は至難の業だと昔はいわれたYahooカテゴリですが、時代は流れるものです。今では状況も変わっており、真正面から勝負しない限り、案外簡単に審査は通ります。

実は私、Yahooカテゴリに登録されているサイトを2つ持っています。審査が通ったらメールが送られてきて、次の日にはアクセス数がいつもより300跳ね上がっており、驚いたものです。
では、そこから得たコツをお教えいたしましょう。

■Yahooカテゴリ審査に通るコツ
①コンテンツを充実させる。
質のあるブログなら20記事以上、量で勝負するブログなら100記事以上掲載しましょう。「この分野なら誰にも負けない!」という専門性と自信が必要です。
※サイトデザインはデフォルトで作った登録サイトもちらほら見かけるので、綺麗に仕上げなくても良いみたいです。それよりもコンテンツの中身が問われます。

②広告が極力目立たない。
明らかに営利目的と見えるのはよくないですね。規約にはひっかかりませんが、見栄えが悪いと評価も下がります。

③登録数が10以下のカテゴリに申請をする。
登録数が20も30もあるカテゴリはそれだけ競争率が激しい分野なので、そこは避けます。最近ではどんどんyahooカテゴリが細分化されており、マイナーなカテゴリには登録数がたった5,6個というのもちらほら。yahoo側から考えても、登録数が少ないカテゴリには申請してほしいはず。できるだけ登録数が少ないカテゴリを選びましょう。

④何度もしつこく申請する。
審査が通るためには、運の要素もからんできます。それは、審査員が変わるということです。審査員とあなたのサイトの相性が悪ければ、どんなに優れたサイトでも審査は通りません。逆に言えば、審査員と相性がよければ多少不足があっても審査は通ります。ですから申請も無料ですし何度も挑戦しましょう。審査期間の都合もあるので、だいたい2週間に一度のペースで申請すると良いですね。私は5回ぐらい申請してやっと通りましたw


■まとめ
・Yahooカテゴリ登録は最良のアクセスアップ。
・コンテンツの充実。
・広告が極力目立たないようにする。
・登録数が10以下のカテゴリに申請をする。
・何度もあきらめずに申請し続ける。

スポンサーサイト
■大変ですよね…
ブログアフィリエイトは、一つの記事につき一つの商品の紹介するのが良いと言われています。これは、キーワードが絞られるのでサーチエンジンから発見してもらいやすい・お客さんが読みやすいということを考慮した上でのことです。

しかし正直なところ、一つの商品を紹介するのに、

商品ページを探す→リンクを張る→商品の紹介文を書く→カテゴリを決める→投稿する

これだけの手間を数十ページ、数百ページ書き上げようと思ったら大変な手間がかかってしまいますよね。でも似たような手順が多いので、何とか自動化できるツールはないものか…
と探してみると、ほとんどが有料の情報商材。まあ、当たり前ですよね。

■夢のようなツールが!?
しかし、ありました。自動でアフィリエイトページを無数に作り上げる、夢のようなツールが。

【無料】アフィリエイト自動生成ツール

たとえば楽天アフィリエイトでページを大量作成するとします。商品画像つきかどうか・オススメ度を載せるかどうか・紹介文をつけるかどうか、などといった設定を最初にしておきます。そして、自動ページ作成を行うと、楽天の商品ページに載っている紹介文がそのまま使って作成されます。これはプロが書いた文章ですから、やはり上手い。

このツールで作成されたサンプルページはこちらです。パッと見では、とても自動で作られたとは思えないでしょう?

■無料アフィリエイトページ自動生成ツールの弱点
しかしこの夢のようなツールにも弱点があります。それは、誰が作っても同じ内容の記事しか作れないということ。あまりにも他サイトと記事の文章が似すぎていると、スパム扱いされてしまうので注意が必要です。ここで、注意点をまとめておきますね。

■使用する上での注意点
・自動生成させる文章はそのまま用いてはいけない。ブログ記事の口調を統一したり、読みやすいように余計な文章を削除する必要がある。
・ツールに頼り過ぎないように。これはあくまでも手間を省くためのツールであって、すべて自動で行ってもらえるものではない。
・一日に投稿する記事数は5未満がベター。突然数十ページが作成されるとスパム扱いされてしまう。

やはり便利なツールはそれ相応のリスクがあります。しかし、この注意点さえ守っていれば、あなたにとって素晴らしいツールとなるでしょう。


■まとめ
無料アフィリページ自動作成ツールで記事投稿の手間が省ける。
・ツールに頼りすぎてはスパム扱いされる。

■掲示板を設置する
リピーターを増やす方法として、掲示板を設置するという方法があります。
掲示板に書き込めば、それに対して返信がこないかチェックしますよね。また、頻繁に書き込みが起きるので、他の記事をみにいく人も出てきて、サイトがにぎわい、効果的な集客もできます。何より、お客さんが記事を書いてくれるのが魅力ですね。

しかし、掲示板運営はリスクを背負わなければならないことを忘れてはいけません。

■掲示板のリスク-過疎
一ヶ月以上も書き込みがされていない掲示板は、サイトのイメージダウンに繋がります。

■掲示板のリスク-スパム
レンタル掲示板だと、頻繁にスパムの書き込みが行われます。スパム記事を削除するのはなかなかの手間。しかも放置しておくとサイトのイメージダウンになってしまいます。


■まとめ
・掲示板はうまくいけばサイトがにぎわう。
・スパムや過疎になるとサイトのイメージダウンになる。

■正攻法で最も効果的なSEO攻略とは?
これまで、アクセスアップの技をたくさん紹介してきました。しかし何よりも効果があるのは、技云々よりも、根気よく定期的に記事を投稿し続けることなのです。

■古参のサイトは信頼性があるものばかり
記事数が多く、長く続けているサイトというのは、それだけで信頼性がありますよね。大抵のサイトは1ヶ月もたたないうちに管理人が飽きてしまい、放置気味になってしまうという傾向が残念ながらあるようです。しかし逆に考えてみれば、1ヶ月以上も更新を続けていたら、それだけで価値があるということですね。

記事数が多ければ多いほど、サイトページの単語数が増えるのだから、当然検索エンジンにもヒットしやすくなり、結果的にアクセス数が伸びます(しかし、意図的に大量作成したページはスパム扱いされる恐れがあるので注意すること)。

一度、Googleに適当な単語を入力してみてください。そこで上位ヒットするサイトは、どれも半年以上運営されているサイトのはずです。このことから、検索エンジンは運営日数も重要視していることがわかりますよね。

ですから、サイトはお客さんが少ないからといって諦めないようにしましょう。根気よく続けていれば、いつかは必ず信頼されるようになり、どんどん上位表示されるようになっていくのです。


■まとめ
・スパムでなければ記事数は多ければ多いほど検索エンジンにヒットしやすい。
・長く続けているサイトは信頼性があり、検索エンジンに重要視されるようになる。

■読者層の分析
ここに、古い品揃えしかないジュース自販機と、最新のジュースを取り扱う専門店があるとします。あなたが喉がかわいたとき、どちらを利用しますか?

考えるまでもなく、後者ですよね。アフィリエイトサイトも同じで、一度作成すれば放っているだけで小遣いが稼げるほど甘くはありません。せめて週に一度は読者層の分析と対策が必要です。その手順をお教え致しましょう。

■分析の手順
①アクセス解析を全ページに設置。エクセルなどで、各ページごとの毎週のアクセス数を記録する。

②どういう記事を書いたときにアクセスが増えたのかをチェック。

③アクセスが増えた記事のキーワードに着目する。

④そのキーワードをサブタイトルや、これから書く記事に組み込む。

⑤検索エンジンからの上位ヒットでき、サイトの質・リピータ率の上昇ができる。

これは長期的に行わなければ効果がないため、根気がいります。しかも効果が現れるまで時間がかかる。その代わり、いつかは必ず効果が現れます。まさに玄人向きの手段とも言えるでしょう。


■まとめ
・一週間に一度は読者層の調査が必要。
・アクセスが増えるキーワードを探し、それを意識した記事を書いていく。
・的確なキーワードを選出できたら、サイトの質・リピータ率の上昇や検索エンジンからの上位ヒットができる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。